FC2ブログ
親のエネルギーを子供に伝える。

2006/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/11

2006/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/11

2006/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/11

2006/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/11

2006/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この写真・・・
幼少

昭和40年のボクです。

いわゆる『ガキんちょ』です(笑)

パソコンも携帯電話もなく、まだ白黒テレビでさえ珍しかった頃。
娘たちは「そんな時代やだな」と言うだろう。

ボクも今の便利さ快適さを考えたらあの時代には戻りたくない。
だけど元に戻したいものがひとつだけある。

それは・・・
[豊かじゃないけど]の続きを読む
スポンサーサイト
先週の14日。
兄の長男の結婚式でした。

06.10.14


ボクには10人の甥っ子、姪っ子がいます。
その中で初めての結婚式です。

盆と正月にしか会わない甥っ子だけど、とてもボクを慕ってくれていました。
小さい頃はお母さんから離れられずに泣きべそをかいてばかりだった甥っ子は、
遠く離れた所に就職をして親の元を巣立って行った。
そしてとても素敵な伴侶を見つけたんだね。

結婚式の日

兄の涙をはじめて見ました。
とても嬉しかったんだろう。とても悲しかったんだろう。

巣立つ息子に対してボクに
「あの子がよければそれでいい。それでいい・・・」
とポツリと話してくれた。

兄の涙を見た時に
「娘は絶対、嫁にやらん!」と心に誓いました。


こんにちは。

木の上に立って見守ると書いて『親』と読む。
本当はどうだが分からないけど、ボクはこのように解釈している。

娘はいずれ自分の足で巣立って行くだろう。
ボクは親として自分の力で歩いて行く娘を木の上から見守るしかできな
いと思う。
きっと心配で心配でずっと見守り続けるだろう。
それが僕に出来る精一杯のことだから・・・

今のボクは木の上に立っていない・・・つもりでいる。
なるべく娘の視線の高さに合わせ、こども心を忘れないようにしている。
自分がこの頃はどんなことを考えながら生きてきたのかを考えながら。
時代が変わり、社会が変わり、仕組みが変わっても子供の心の元は
きっと変わりがないんじゃないかと思っている。

「今の子供は・・・」というのは、子供の頃の自分を忘れてしまって、現在
の自分の価値観で見ているのかも知れない。

木の上で見下ろしているいるばかりでなく、たまには下に降りて子供の
目線で世の中を見ると、もっと違った学校になるのかなと思ったりする。


親子の絆を強くする秘密とは


責任を負う」から「責任を問う」社会。

小学校の評議委員を任命されているのですが、先日会合でひとりのメン
バーの方が

「昔は子供のことは親が責任を持って接してきたけれども、最近は子供に対して責任を
問う時代になってきたようです。
「責任を負う」社会から「責任を問う」社会ですね。」と残念そうに話しておられました。

昔は子供が悪さをすれば、当然親が一緒に誤りに行ったもの。

自分の躾の悪さに責任を負うのですから


しかし、近頃と言えば

子供が悪さをすれば

「学校はどういう教え方をしているんだ」

「学校が悪いから、子供がこんなことをするんだ」

「教育制度に問題がある」


など、他に責任を問うようになってきたようです。


ある、学校では

子供が中庭で遊んでいて、拾った小石を教室にめがけて投げ、ガラスを割ったという。

もちろん、教師は子供を叱りました。

すると翌日、その親は学校に抗議してきました。

その親はなんと言ったか



「なんで中庭に石ころがあるのか、子供は石があれば投げるものだ。中庭に石ころを
置いておく学校が悪い。」


極端な例かも知れませんが、こんなことが全国各地の学校で繰り広げられているという
のです。


子供が悪さをしたら

「ウチのバカ息子が申し訳ないことをしました。」とゲンコのひとつでもしてやれば
いいのです。

そして親が頭を下げるのです。

その姿を子供に見せる。それが「責任を負う」だと思います。

「勉強ができないのは教え方が悪い」

「やる気がないのは学校が悪い」

と「責任を問う」前に

親ができることはまだまだたくさんあります。

「親がやらねば誰がやる」を実践しましょう!

やる気を育てる方法とは


10月になりました。

2学期制を導入している学校ではもうすぐ学期末。
我家の娘たちも今週末通知表をもらってくる。

2学期制を導入するにあたって各地様々な対応がなされていると思うけど
、ボクの地域では保護者の大方の賛同を得られれば学校判断で導入する
というスタイルになっている。

市や区で一斉に導入ならば混乱も不安も少なくなると思うのだが、学校
判断というか校長判断が校長の悩みの種になっているのも事実。

ボクがP会長の時に2学期制を導入することになり、説明会を開いてもらって意見交換の場を作ってもらった。

2学期制を導入したい学校側の意見は、授業時間の確保が最大のメリットになっていて、これを期に学校行事の見直しや夏休みなど長期休暇の活用を考えている。

反対意見の多くは「今まで3学期制でちゃんとやってきているのだから、変える必要はない」「リズムが狂う」など変化を求めない声が多かった。
[2学期制っていいの?]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。