親のエネルギーを子供に伝える。

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「チェンジ」が今年のキーワードになりそうだけど、
チェンジはかなりの勇気が必要だと思う。

『他人を変えるのは難しいけれど自分を変えるのは簡単だ』と言う。

だけどね・・・

体に染み付いた価値観、感覚、プライドを変えるのにはとっても
とってもエネルギーがいるんだよね。恐怖や不安もあるしね。

だからこそ

「いっそ転んだほうがラクになる」「転んでもいいんだよ」っていう思い
を常に意識していれば少しでも自分をチェンジしやすくなるのかなと
思います。

雪がひらひら降っています。

今日は寒くなりそうです。
暖かくしてお過ごし下さい。
スポンサーサイト
そっと背中を押してくれる・・・
迷ったり、不安になった時
ポンッと背中をやさしく押してくれる人と出会えると嬉しい。

どっちにしようか迷っている時、自分では99%決まっている
んだけど1%の不安で踏出せないじゃない。

そんな時に強引じゃなく、損得もなく相手のことだけを相手
の気持ちになって考えてくれる人がいてくれたら。

そんな出会いがあったら幸せだな。
お子さんが机に向かっても長続きしないとか

いつもぼーっとしているなど

気になって仕方がないのなら

この夏休み中に思いきってインテリアの配置変えをしてみて下さい。

リビングで勉強しているのならテーブルの位置を変えてみる。

子供部屋なら勉強机の位置を動かす。

ベッドを動かすなど・・・

そして風通しのいい所に観葉植物を飾る。

照明器具(蛍光灯)を変えてみる。

これだけで子供のやる気に変化が起こります。

夏休みもスタートして10日、そろそろダラダラする頃です。

ちょっと環境を変えてみませんか?

我家の娘は今、中学3年生。

夏休み前から、塾のDMが毎日のように届きます。

DMには「高校受験」の二文字が・・・

「受験」という文字を見ると親がまず、焦ります。

そして不安になります。

「受験モードに突入するのにうちの子は大丈夫なのだろうか」と。

子供は子供で一番充実した夏休みを迎えるので受験の事は眼中にありません。

しかし、夏休みの過ごし方ひとつが今後の中学校生活を左右するような気が

します。

この重要な夏休みをどのように過ごしたらいいのか?

子供に3つの質問をします。

【質問1】 夏休みが終わるまでにしなければいけない課題は?
【質問2】 それを達成するためには何をしたらいい?
【質問3】 達成したら何が待っている?

この3つ質問をして答えを紙に書いて机の前、もしくはいつも目にする場所に貼って

おきます。

紙に書いて目にとまる所に貼っておく事がとても重要。

目標となるゴールを決めて、ゴールまでのプロセスを考え、達成したイメージを想像

する。

これをいつも見ていると「脳」ちゃんとそのように行動してくれます。

これをクセにしてしまえば、どんな目標も今までにないスピードで達成するでしょう。

ぜひこの夏休みに試してみて下さい。

暑中お見舞い申し上げます。

毎日暑い日が続いています。地物のスイカが美味しくなってきました。
暑い夏はたっぷり汗をかいて、冷たいスイカで夏バテを吹き飛ばしましょう!


もう十数年前のことになりますが、会社勤めをしていた頃のことです。
勤めていた会社は毎朝、ラジオ体操をしていました。

毎朝、ラジオ体操の音楽が流れると「あ~やだなあ~」と思いながら
ダラダラとしていたのです。

時間にしてわずか2・3分のことですが、「無意味なことを」と思いなが
ら体操をしていました。

ある朝、自分でもどうしてそう思ったのかは思い出せないのですが、
突然「同じ3分を過ごすなら、一生懸命やってみよう」と思い、その朝
は体操の意味を考えながらキビキビとしたのです。

例えば、屈伸運動なら体のどの部分の柔軟になるのか、深呼吸は深く息
を吸ってゆっくり吐くと腹筋に力が入っていいだとか・・・

自分が今やっていることの意味を考えながら体操していると、この3分と
いう時間が無駄ではないことに気が付いたのです。

すると、体操を終えた後、なんだかスッキリしている自分がいました。

ただ毎日のことだからやらされている行動とやることの意味を知ってい
る行動では同じ内容でもまったく違う結果が生まれます。

子供にも「勉強しなさい」「早く宿題をしなさい」と言うだけでなく、
やることの意味を教えてあげましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。